• トップ /
  • 通信制高校という選択肢

通信制高校にかかる費用

通信制高校という選択肢

通信制高校に必要な費用

高校といえば全日制高校が一般的ですが、それ以外の選択肢として定時制と通信制の2種類があります。定時制は生徒数の減少から行っている高校は少なくなっていますが、反対に通信制高校は増える傾向にあり選択肢の幅も増えています。通信制と行っても公立と私立があります。それぞれに特徴があり公立の場合には全日制高校と併設されていることもあります。私立の場合には他校と差別化するために特徴のあるカリキュラムを設けているところもあり、また専門学科も多くあるといった選択の幅のメリットがあります。なお、通信制高校の特徴としてはその授業形態の性質上、単位制となっています。通信制高校の学費は公立では1単位あたりで行われます。1単位あたりの学費は180円から1200円程度で最終的に3年間で74単位を取得する必要があり、最終的な学費としては10万円程度で卒業することができます。学校施設を使用することが少ないため全日制と比べると若干費用が安くなっているのが特徴です。一方で私立の通信制高校の学費は40万円以上が卒業までに必要とされますが、全日制にはない特徴的なカリキュラムを提供しているところも多く、専門学校的な通信制高校も多くあります。

通信制高校の深い情報

↑PAGE TOP